無理なくプチ断食で痩せる!?8時間以内に食事を抑える生活

プチ断食なら8時間以内は食べるものを気にしなくていい!

寝癖の対処方法を考える

髪質は、人それぞれ違っていて、寝癖がつきやすい人とそうでない人がいます。フッサ育毛剤

太くて硬い髪質の場合は、細くて柔らかい髪質と比べると、あきらかに寝癖が付きやすい傾向にありますし、髪型ですと、ロングヘアよりショートヘアの方が寝癖がつきやすくなるものです。ですので、男女で比較すると、男性のほうが太くて硬い髪質の人が多く、寝癖がつきやすいのです。

この内容からも、男性はある程度諦めなければならないのですが、少しのケアで寝癖が付きづらくなることもあるのです。

まず、寝相が悪く、何度も寝返りをうつ人は、髪の毛がボサボサになり、その上に重たい頭が乗って髪の毛は押しつぶされます。硬くて重たい頭と頭皮のぬくもりで、押しつぶされた髪の毛は、アイロンをかけられたような状態になり、それが寝癖となってしまう。

では、どうすれば寝癖がつかない寝方があるのか。

一番重要な事は、寝る前に正しいヘアケアをする事。髪の毛を根元までしっかり乾かすと言う事はもちろんですが、その方法にもより正しい方法があるのです。

特に寝癖がつきやすい髪質の場合、洗い流さないトリートメントのオイルタイプを使用すると、朝のスタイリングがかなり楽になります。

また、ドライヤーについても、濡れた髪の毛を乾かす時は、顔を下に向けて後髪を前に垂らすようにして、この状態でドライヤーの風を下から上向きにあてるようにします。こうすることで、髪の毛を痛めることなく、短時間で濡れた髪を乾かすことができるのです。

また、お風呂の後、ただ乾かしただけの髪と違って、このようにブローしておくだけで、朝起きたときの寝癖が断然つきにくくなります。

このように、少しのケアで寝癖はしなくなるのです。